お問い合わせ 0463-75-0032

秦野病院

〒259-1303
神奈川県秦野市三屋131
TEL:0463-75-0032
FAX:0463-75-0034
GoogleMap

秦野病院ケアセンター

〒259-1303
神奈川県秦野市三屋124
GoogleMap

はたの渋沢クリニック
相談支援事業所こころの笑顔

〒259-1321 神奈川県秦野市曲松1-4-39 やまゆりビル3・4階
0463(87)5560
GoogleMap

就労移行支援事業所りんく

りんくで「働きたい」を実現しましょう!

秦野病院ケアセンター就労移行支援事業所りんく

精神障がい、発達障がいなど、様々な障がいをお持ちの方の「働きたい」をサポートします!


2018.10.18

秦野から障がいをお持ち方の就職支援をします! 就労移行支援事業所りんく「平成30年上半期 就職者報告」

皆さん、こんにちは!

気が付けば今年度も半分が過ぎました。

ほんと、あっという間ですね・・・年々時間が過ぎるのが早く感じます!

先日りんくで上半期の中間報告があったのですが、

4月~9月までの6ヵ月間で就職者が7名でした。多くの方が就職されていきました。

りんく開所からこれまでの、3年と10ヶ月の間に合計28名の方が就職されたことになります。

今後も、今以上に就職される方が増えていくように頑張っていきたいと思います!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


2018.10.12

秦野市から障がいをお持ちの方の就職を支援します! 就労移行支援事業所りんく 「利用者の声を紹介します」

皆さん! こんにちは!

私たちは、日々就職を目指す方々の支援をしております!

そんな中、先日利用者にアンケートをとらさせていただく機会がありました。

今回は、りんくを利用しているメンバーさんの声を掲載したいと思います!

 

《りんくを利用してよかったこと》

・就職先で支援が受けられる。

・対人緊張が和らいだ。

・生活リズムが整った。

・ささいなことでも相談にのってもらえる。

・自分のことを一緒になって考えてくれる。

・メンバーと仲良くなれた。

《りんくの印象》

・施設が開放的で清潔感がある。

・穏やかでのびのびとしている。

・安心できる場所

 

利用者の声を聞いてみると、「穏やか」「落ち着いている」「話を聞いてもらえる」といった声が多かったように思います。

今回は、非常にポジティブな意見が多くて、我々スタッフとしてうれしい限りでした。

今後も、一人一人に丁寧に対応することを心掛けていきたいなと思います!

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。


2018.10.6

秦野市から障がいをお持ちの方の就職を支援します! 就労移行支援事業所りんく 活動紹介!「PCトレーニング」

皆さん、こんにちは!

あの暑かった夏も終わり、涼しくなってきていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

キンモクセイの香りがしてすっかり秋だなという感じがしています。

今回は、りんくで行っているプログラム「PCトレーニング」について紹介したいと思います。

パソコン 画像

 

「PCトレーニング」では、ビジネス文書の作成やエクセルを使ったデータ入力、アンケート入力や伝票修正などの模擬作業を行っております。

このプログラムを通して、集中力やミスなく作業をする力を養ってほしいなと考えているのですが、それに加えてもう一つ意識して欲しいと思っていることがあります。それは、「自分のペースで作業をする」ということです。

いくらミスなく早く作業ができたとしても、疲れすぎて次の日に休んでしまったり、途中で具合が悪くなってしまってはお仕事はしづらいですよね?

自分のペースを理解して作業をすることも大切なことだと思います。

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。


2018.7.27

秦野市から障がいをお持ちの方の就職を支援します! 就労移行支援事業所りんく 活動紹介!「電話応対」

皆さん、こんにちは

炎天下の夏がやってまいりました。30度を超える日が続いて、ついついだらだらと過ごしたくなる気候ではありますが、りんくでは暑さに負けず、就職に向けて活動を行っております。

先日、りんくのプログラムで「電話応対」をテーマに講義を行いました。今回は、講義の内容を抜粋してお伝えしたいと思います。

電話応対 画像

【電話応対の基本】

①迅速に

コール以内に出る」「保留時間は、30秒以内」

②正確に

「ひと言ずつ、ゆっくりと話す」要点をメモする」聞き取れなかった時などには、復唱確認する」

③親切、丁寧に

あいづちなどで相手に聞いていることを知らせる」「クッション言葉を使う」

※クッション言葉とは……「申し訳ありませんが」「お手数ではありますが」などの柔らかい印象を与えるための言葉。

 

皆さん、そうだと思いますが、電話応対をする時に、「ちゃんと聞き取れなかったらどうしよう……」「聞いたことをちゃんと引き継ぎをしなくちゃ」と不安になりませんか?

ちゃんと聞き取ったつもりでも、聞き間違えていたりして先輩や上司に怒られる、なんてこともありますよね……。

だからこそ電話応対の際には、特に、「ひと言ずつ、ゆっくりと話す」「要点をメモする」「聞き取れなかった時などには、復唱確認する」 この3点は重要だとお伝えしています。

「ゆっくりと話す」ことで相手との認識のズレを防ぎます。また、「ゆっくり話す」とメモ取りやすくなるという利点もあります。

「メモをする」ことで伝達ミスが減りますし、「復唱確認」をするとさらに正確さが増します。

りんくでは、「電話応対」が苦手、と、敬遠するだけでなく、「できるようにするための工夫」をしていきましょう、とお伝えしています。どこが苦手なのかを考えて、できるようになるための工夫を重ねていけば、徐々にできるようになっていくはずです!

 

電話応対は、臨機応変な対応が求められ、難しいなと感じることもあるかもしれません。

ですが、仕事をする上では、求められることもあります。基本を確認しておくことは重要なことだと感じました。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。


2018.6.30

りんく活動紹介! 「会社で遅刻した時の対応」

皆さんこんにちは!

連日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

先日、りんくのプログラムで「会社で遅刻した時の対応」をテーマに講義を行いました。

ワールドカップで寝不足気味な方が多い今の時期にぴったりのテーマですね!

 

遅刻2遅刻

 

まず前半は、会社で「遅刻・欠勤する時のマナー」を確認しました。

 

《遅刻・欠勤する時のマナー》

1、始業の10分前までに連絡する

2、理由を伝える

3、業務引継ぎをお願いする (※遅刻の場合は、到着時刻を伝える)

4、謝罪、お礼を伝える

 

どれも基本的なことですが、とても大事なことです。

特に、「2、理由を伝える」については、出来そうで、出来ない時もあるかも、なんて話が出ました!

言い辛い理由の時なんかは、ごまかしてしまうこともあるかもしれませんね・・・・・・。

 

次に、みんなで遅刻・欠勤する時のロールプレイをしました!

「電話で遅刻・欠勤することを伝える場面」と、「会社に到着してから上司に謝罪をする場面」のロールプレイをしました。

電話での謝罪だけでなく、到着した時にも、あらためて謝罪することも、会社でもマナーですね。

 

遅刻・欠勤はしないことが一番のマナーですが、人間だれしも体調を崩す時もあれば、寝坊をしてしまうこともあると思います。あらためて、そういった時の対応をきちんと確認しておくことも重要だと感じました。

 

最後まで、お読み頂きましてありがとうございました。


一覧ページへ

見学・説明会を毎月行なっています。



お問い合わせ

お問い合わせ電話番号

まずはお気軽にお電話ください
0463-75-6308(代)


就労移行支援事業所りんくってどんなところ?


りんくの特長は?

医療機関が運営する就労移行支援事業所です

医療現場で培った専門性や、実績を活かして、一人ひとりのニーズや障がい特性に応じたきめ細やかな支援を行います。


実践に即したプログラムを提案します。

オフィスを想定した空間の中で実践的なプログラムを提供します。あわせて、プログラムを通して、課題の発見・対策を行います。


職場定着まで手厚くサポート

組織の一員となって元気に働き続けることを目標に、継続して支援をします。

支援機関とのつながりを大切にします

ご利用者様のニーズに合わせて、法人他部門・関連機関と定ず連携を行い医療、福祉等の総合的な支援を行います。


どうすれば利用できるの?

お問い合わせ・見学

まずはお電話にてお問い合わせの上、来所していただきます。見学も随時受け付けております。ご本人だけでなく、ご家族の方もお気軽にご相談ください。

利用体験

1~3日間の体験利用をし、納得していただいた上で通所を開始します。

面談

具体的なご利用方法について相談します。本人やご家族と相談しながら、それぞれの方に合った方法をご提案します。 デイケア、グループホーム、障害者就学・生活支援センターなどとの併用は可能です。 就労継続支援A型、B型との併用は原則できません。

契約

ご本人様・ご家族様と「りんく」で利用に関する契約をします。市役所(区役所)の障がい福祉窓口にて障がい福祉サービス受給者証の申請をします。

利用開始


「働きたい」の実現まで‼!

プログラム

基本的な生活習慣、労働習慣、職場のルールやマナー、コミュニケーション方法など訓練します。それぞれの方に合わせて無理なく組み合わせていきます。また、職場見学も随時行っています。


職場実習

これまで学んできたことを活かして、働いてみます。実際に会社で実習を受け入れてくれる企業はハローワーク、障がい者就労・生活支援センターから情報収集し、りんくのネットワークも活用して、それぞれの方に合った職種や職場環境を探します。 実習を通してどんな仕事に向いているか確認します。


就職決定

ハローワーク、障がい者就労・生活支援センターなどと連携し、りんくのネットワークも活用して就職活動をお手伝いします。内定通知書を企業から提示いただき、就職決定になります。


就職後のサポート

就職が決定した後もしっかりと職場に定着できるようにサポートします。悩みやトラブルが生じた時には、スタッフが一緒に問題解決に当たります。 りんくと職場、サポート機関等と連携をとりながら自分らしく長く働いていけるようサポートします。


どんなプログラムがあるの?(例)

ビジネス講座

あいさつ、身だしなみ、電話対応、名刺交換、言葉づかいなど、社会人として必要なスキルを身につけます。


PCトレーニング

PCを使用しての集中力の向上、作業の正確性の向上を目的に仕事に必要な文章作成能力を身につけます。


就活講座

履歴書の書き方、面接方法など就職活動を行う上で活用できるノウハウを身につけます。


対人技能トレーニング

仕事上で起こりうるコミュニケーション場面を想定し、ロールプレイを行なったり、対応について話し合い職場の方との良好なコミュニケーションが行えるよう練習します。


りんくでの一日は?

9:20
朝のミーティング
職場での朝礼を想定して、その日の活動予定やプログラム内容の確認をします。
10:00
プログラム
プログラム・行動計画表に添ってプログラムを行います。
12:00
食事・休憩
お食事はご負担なしでお弁当のご用意をさせていただきます。
13:00
プログラム
午後もプログラム・行動計画表に添ってプログラムを行います。
14:45
個人ワーク
一人ひとりの希望に合わせた個人ワークを行います。
15:30
終了時のミーティング・掃除
一日の活動の振り返り、次の活動予定の確認をします。自分たちが使用した事業所内の清掃を分担して行います。
16:00
活動終了

ご利用の対象となる方

一般就労を希望される18歳~65歳未満で障がいをお持ちの方


ご利用料金

ほとんどの方はご負担なくご利用いただけますが、前年度の収入によってはご利用料金がかかる場合があります。詳しくはお近くの市役所(区役所)へお問い合わせください。


ご利用期間

利用期間は原則2年です。通所する時間や日数は体調やご希望に合わせて個別に設定するので、無理なく通えます。


開所日時

開所日は月~土です。
開所時間は9:20~16:00です。


アクセス

医療法人社団 秦和会  就労移行支援事業所りんく

〒259-1303 神奈川県秦野市三屋124番地 秦野病院ケアセンター内
TEL:0463-75-6308 FAX:0463-75-6303

※就労移行支援事業所りんくには駐車場がありません。お車をご利用の方は秦野病院駐車場をご利用ください。


よくある質問

就労移行支援事業所とはどんな事業ですか?
就職を目指す障がいをお持ちの方に、様々なプログラムを通して就職に向けた準備をして、一人ひとりの希望や特性に合わせた支援、職場探し・就職後のサポートまで支援するサービスです。
他の事業所との併用はできますか?
デイケア・グループホーム・障害者就学・生活支援センターなどと併用できます。就労継続支援A型、B型との併用は原則できません。
りんくを利用するのに何か必要なものはありますか?
就労移行支援を利用するにあたり、障がい福祉サービス・『受給者証』が必要になります。 お住まいの市区町村(福祉サービス課)にて発行されます。 詳しくはスタッフまでお問い合わせください。
見学をしたいのですが、どうしたらいいですか?
見学は随時受け付けております。まずはお電話ください。

お問い合わせ

お問い合わせ電話番号

まずはお気軽にお電話ください
0463-75-6308(代)

医療法人財団 秦和会