神奈川県 秦野市 精神科なら秦野病院。認知症 うつ もの忘れ デイケア 訪問看護など相談ください。

気軽にご相談ください。
FLASH
問い合わせ・申込はこちら。
気軽にどうぞ

病院(法人)概要

秦野病院の概要

名  称 医療法人社団秦和会 秦野病院
院  長 笠原 友幸
所在地 〒259−1303
神奈川県秦野市三屋131番地
TEL 0463−75−0032(代)/FAX 0463−75−0034
診療科目 精神科、内科
基本理念 『信頼される精神医療』
基本方針
  • 安全で快適な回復の場を提供し、心のこもった接遇を心がけます
  • 精神科治療の専門として医療内容の向上につとめます
  • 患者さんの社会復帰を全面的に支援します
  • 医療内容の情報開示につとめます
  • 関係機関と協力し地域社会に貢献します
保険指定 各種健康保険、国民健康保険、生活保護、各種公費負担制度
届出事項

【入院基本料に関する事項】

当院では、1日に15人以上の看護職員(看護師及び准看護師)が勤務しています。
なお、時間帯毎の配置は次の通りです。
朝8時45分〜夕方16時45分まで、看護職員1人あたりの受持ち数は8人以内です。
夕方16時45分〜朝8時45分まで、看護職員1人あたりの受持ち数は20人以内です。
当院は、患者さんの負担による付き添い看護はしておりません。

【届出等による医療について】

当院は、神奈川県知事へ下記の次項を届け出しています。

基本診療料の施設基準等
(1) 精神病棟入院基本 15:1 入院基本料
院内感染防止対策 褥瘡患者管理加算 入院時食事療養 | 栄養管理実施加算
当院は入院時食事療養に関する特別管理の届け出による入院患者様の食事を提供しています。特別管理による食事の提供は管理栄養士によって管理された食事を適時(夕食については午後6時以降)適温で提供しています。
(2) 看護配置加算
(3) 看護補助加算2
(4) 精神科地域移行加算
(5) 精神科身体合併症管理加算
(6) 救急医療管理加算
(7) 精神科救急搬送患者地域連携受入加算
特掲診療料の施設基準等
(8) 精神科作業療法
(9) 精神科デイ・ケア(大規模なもの)
(10) 精神科ショート・ケア(大規模なもの)
(11) 医科点数表等に規定する回数を超えて行う診療
(12) 医療保護入院等診療料
(13) 薬剤管理指導料
その他の施設基準等
(14) 通院対象者通院医学管理料
(15) 通院対象者社会復帰連携強化加算
敷地面積 6,920m2
建築面積 1,439m2
病床数 151床

職員数

約120名

建  築 平成13年3月 新病棟完成
設計・監理 株式会社アーキクルー
施工    朝日建設株式会社

法人概要  医療法人社団 秦和会

秦野病院は、医療法人社団「秦和会」に属しています。
秦和会は、昭和45年11月に、現在の理事長である髙橋幸枝が設立して以来、
40年近い歴史を刻んでまいりました。

昭和41年2月に開設した「秦野病院」が法人設立の基盤となり、
その後平成11年11月には「はたの林間クリニック」、
平成13年10月には精神障害者福祉ホームB型である「はたの福祉ホーム」、
平成17年4月には「子どもメンタルクリニック」、
平成17年9月には「はたの渋沢クリニック」をそれぞれ開設してまいりました。
また、その間、精神科デイケア、訪問看護、作業療法などを開始するなど、
総合的な治療を行ってまいりました。

秦和会の目指すところ

秦和会は、秦野病院の創業者である髙橋理事長を先頭に、
創業からの理念である「心のこもった精神医療」を心がけてまいりました。
今後も、グループ各施設相互が連携を図り、
患者様の少しでも早い治癒と社会復帰に貢献できるよう、
法人として取り組んでまいります。

秦和会の目指すところ

アイコン 昭和45年11月30日  「医療法人社団秦和会」設立認可(理事長 髙橋幸枝)

秦野病院
昭和41年 2月 1日
「秦野病院」開設許可  (院長 髙橋幸枝)
平成 6年 5月 1日
精神科デイケアを開始
平成10年 7月 7日
精神科訪問看護を開始
平成10年11月 1日
精神科作業療法を開始
平成12年11月 1日
新病棟が完成
平成13年 9月 1日
精神科大規模デイケアに変更
平成14年 4月 1日
院長に笠原友幸が就任(髙橋幸枝は引き続き理事長)
平成21年 6月 1日
もの忘れ外来を開始
平成21年7月22日
リワークプログラムを開始
平成24年6月1日
プレ・ワークプログラムを開始
平成27年1月1日
「就労移行支援事業所りんく」開所
「デイサービスくつろぎ」開所
平成27年1月16日
秦野病院ケアセンターがオープン
ライフスキルプログラムを開始
ホーム・クリニック
平成11年11月1日
「はたの林間クリニック」開院 (院長 髙橋明比古)
平成13年10月1日
「はたの福祉ホーム」開所
平成14年11月1日
「はたの福祉ホーム」でショートステイ事業 開始
平成17年4月1日
「子どもメンタルクリニック」開院(院長 佐藤喜一郎)
平成17年9月1日
「はたの渋沢クリニック」開院(院長 髙橋幸枝)
平成23年10月1日
「はたの福祉ホーム」が「はたのホーム」に移行
平成24年2月1日
「グループホームわかば」開所
平成24年4月1日
「相談支援事業所かけはし」開所
平成25年6月1日
「はたの林間クリニック」リワークデイケアを開始
平成27年1月1日
「はたの渋沢クリニック」院長に八木敬子が就任

秦野病院設立以来の想い

秦和会理事長 髙橋幸枝
〜秦野病院20周年記念誌(昭和61年2月発行)より編集抜粋〜

秦和会理事長 髙橋幸枝

  • 精神科病院の設立の動機は、別に精神の患者さんのためになどという高邁な精神をもってという立派なものではありませんでした。
    自分の妹としっかりした仕事を持たなくてはならないと思い、
    2人で何とかやってみようと考えそれから始まったのです。
  • 病院を建てることに決めましたが、
    お金もなく、病院経営の知識もなく、
    今のような情報化時代でもありませんので、
    コツコツあるいて、がむしゃらに猛進しました。
    相談して多くの方に反対されたり、励まされたりして、
    まず医療金融公庫からお金を借りるめどがつき、スタートしました。
  • やはりお金には随分苦しい思いをしましたが、多くの方々にも助けられました。
    開設当初は、まだ病院は出費一方で収入はありませんでしたから、
    私は職員の給料を払うために、寸刻を惜しんで、
    大和の診療所で仕事をして何とか切り抜けました。
  • 3年目くらいから、精神科の勉強に大部分の時間が使えるようになり、
    精神科病院の特殊性を考え、病院内での行事、レクリエーションが治療として
    大事なことであることも教えられ、非常に興味を持ちました。
    全く知らない世界でしたので、経験している職員に習ったり、
    アルコールの患者さん達に教えてもらったりして、
    みんなで相談、企画しながら一つひとつ経験していきました。
  • 職員の不足でも困りました。就職されてもすぐ辞めてしまって、
    明日からの当直に困ってあわててみんなで泊まり込んだこともありました。
    これも病院に力がなかったからです。
    「石の上にも3年」といいますが、そんな時は考える閑もありませんでした。
    精神病院はのんきでいいからなどと言われて始めた仕事は、
    とてもそんな生やさしいものではありませんでした。
  • しかし、5年も過ぎますと、落ち着きも出て、
    仕事もある程度理解できるようになってからは、今度は面白くなり、
    この仕事をしてよかったと、こんなに没頭できる仕事はないと、
    後から使命感のようなものが付いてきました。
  • つくづく多くのよい人達に巡り会い、助けられてまいりました。
    歩みは決して飛躍的成長ではありませんでしたが、堅実に、静かに、静かに、
    病院として正しい軌道に乗って、走り続けてきました。
    全く大過なく一見平凡に。病院の生みの親と言えば今は私であるかもしれませんが、
    新しい物を作ったからとそれは実るものではありません。
    育てることこそなかなか難しく、大切なものであることを実感します。
  • 各部署で職員が全部立派にやって、
    生みの親はそれこそ「おばあさん院長」になって、
    皆さんの暖かい心遣いに支えられて、感謝に堪えません。
    しかし、やはりこれでよいと満足してはおれません。
    病院も時代の移り変わりに従っていかねばなりませんという気持ちを常に持ち続けていきたいと思います。
(C) Copyright 2009 秦野病院 All rights reserved.

神奈川県 秦野市 精神科 なら秦野病院。認知症 うつ もの忘れ デイケア 訪問看護などご相談ください。