神奈川県 秦野市 精神科なら秦野病院。認知症 うつ もの忘れ デイケア 訪問看護など相談ください。

気軽にご相談ください。
FLASH
問い合わせ・申込はこちら。
気軽にどうぞ

秦野病院の特色

信頼される精神医療

秦野病院は、「信頼される精神医療」を基本理念として、
院長以下スタッフが一丸となって、患者様、ご家族のために、
適切な医療の提供に取り組んでいます。

少しでも早い病の治癒と社会復帰を目指して

秦野病院では、患者様が少しでも早く病を癒し、社会復帰が可能となるよう、
全力を尽くしてまいります。
そのために、病院ではデイケアにて従来の日常生活支援プログラムに加え、休職中の方が復職を目指すリワークプログラム、未就労の方が就職の準備のリハビリを行うプレワークプログラム、発達障害の方のコミュニケーション能力の向上を目指すライフスキルプログラムなどを提供しています。 また、共同生活援助を行うはたのホーム・グループホームわかば、特定相談支援・一般相談支援を行う相談支援事業所かけはし、精神障害の方々を中心として三障害の方々への就労および定着支援を行う就労移行支援事業所りんく、主に精神障害のある在宅高齢者への支援を行う通所介護事業所デイサービスくつろぎを運営し、医療・福祉・介護と幅広く地域支援を行っています。 また、隣接の『社会福祉法人成和会』においては、共同生活援助グループホームせせらぎ、就労継続支援B型ジョブライフはたの、就労継続支援B型にこにこパン工房、特定相談支援・一般相談支援・地域活動支援センターT型地域活動支援センターすみれを運営しており、病院・成和会で協力、連携して一貫した治療を行っています。

地域と共に歩む病院を目指して

患者様の社会復帰のためには、何より地域の皆様方の、
患者様、病院へのご理解、ご協力が肝要です。
秦野病院から退院された患者様を暖かく迎え入れていただくことはもちろん、
地域の皆様がご心配な時、お困りな時に、
お気軽に病院にご相談いただくことができるよう、
スタッフ一同、常に心がけてまいります。

家庭的な雰囲気の中で

心身の調子が悪く、病院へ相談されたり、
来院、入院されたりする時は、何かと心細いものです。
そんな時に、少しでも患者様、ご家族の不安を少なくし、
秦野病院を「家」と同じように感じていただけるよう、
家庭的な医療、看護を心がけ、実践しております。

例えば・・・秦野病院ではこんな空間を大切にしています。
病院敷地内の「はたのホーム一階」に、患者様や地域の皆様、病院職員が様々なイベントやプログラムを通して、くつろぐことができるスペースを新設いたしました。
木の椅子と無垢板のテーブルに身を任せ、心と身体の癒しを実感していただくことも病院としての大きな役割だと考えています。

まずはご相談ください

心配ごとや不安なことがあって落ち着かない時、
悩みが大きくなってどうしようもなくなってしまった時、
何か心やお身体に少しでも変調を感じている時は、
どうかお気軽に秦野病院までご相談ください。
あなたやご家族と共に考え、
少しでも心の負担が軽くなるようお手伝いさせていただきます。

職員研修について

秦野病院では、信頼される精神科医療を目指して、
職員の資質・教養を高め、患者様へのサービスの
向上に向けて、全職種の職員対象に総合研修を行っています。

過去の研修内容

講義形式

院長講義
「病院方針」
「統合失調症のリハビリテーション」
「精神疾患の薬物療法」
総師長講義
「自殺事故防止対策」
臨床心理士
「認知行動療法について」
「傾聴法について」
外部講師
「地域生活への移行を円滑にするために」
「高齢者支援 嚥下の予防」
「高齢者支援 姿勢と身体機能」
「認知症の新しいケア」
「地域生活支援」

委員会主催

安全管理委員会
「医療安全について」
院内感染防止委員会
「抗菌剤の適正使用について」
「スタンダードプリコーション」
褥瘡対策委員会
「褥瘡予防対策」
行動制限最小化委員会
「行動制限最小化への取り組み」

各部署主催

看護部主催
「看護研究発表会」
地域サービス部主催
「当事者からのメッセージ」
OT室主催
「精神科リハビリテーションの実際」
病院主催
「ホスピタリティ研修」

平成26年9月13日土曜日に、秦和会・成和会の合同セミナーを開催しました。4回目となる今回は、大人の寺子屋「縁かいな」主宰・上田 比呂志さんをお迎えして、「ディズニーから学ぶ感動を与えるホスピタリティコミュニケーション術」と題して、ご講演をしていただきました。上田さんは老舗料亭で生まれ育ったことで、幼少から「おもてなし」にふれ、大学卒業後に勤務した日本橋三越では「気づかいの技術」を身に付け、ディズニーマネジメントから「人を喜ばす仕組み」を学ばれたご経験と合わせ、現在はプロのコーチとしてご活躍されていることからも、とてもわかりやすくお客様や患者様と接することに大切な「心」を説いてくれたように思えます。目の前にいる方を大切に思い、その方が何をしたいのか、その方が喜ぶことはどんなことだろうと真剣に向き合うことが大事であると。ちょっとした気づかいでも、してもらうとうれしいことはたくさんある。私たち病院の職員は患者様に求められていることは何なのか、患者様がしてもらったらうれしいことは何なのか。笑顔での受け答え、タイミングを考えてのお声かけなど、基本的なことでも疎かになっていたことはなかったか、改めて自分を見つめなおし、患者様を癒す尊さと喜びを思い起こさせる、貴重な時間となりました。

さらには、「心を潤す」感動的なお話や、2人1組となって、お互いを褒め合うワークを行い、参加した職員の心も元気になっていた気がします。

今後も、心のこもった気づかいを意識して、より患者様のお役に立てるように、精一杯取り組んでいきたいと思いました。

ホスピタリティ研修

平成25年7月3日・11日に、JTBコーポレートソリューションズ 内倉 広輔 様を講師に迎え、「信頼を得る医療サービスを実現するために」をテーマとするホスピタリティ研修を行いました。

この度の研修では、病院全体でのホスピタリティの改善と向上を目的とし、ホスピタリティとはどういうものか、患者さまやそのご家族に対してどのように接すると喜んでいただけるか、また、話し方・表情・しぐさなどについても学びました。

まずは、ホスピタリティの基本概念を学ぶことから始まりました。人が感じる満足度には個人差があり、その満足度を決めるのは患者さまであるという事。それを基準に考え、私たちに出来ることは何か。満足していただける対応とはどういったことなのか、ホスピタリティに対する考え方を学びました。
次に、学んだことを実践するにはどうすればよいのか、ポイントや法則を学びました。
患者さまの対応をする際、まずは患者さまが期待することを「先読み」することや、患者さまと話をする際、目線や表情・話し方など、相手に好意的に受け入れてもらう対応の仕方などの実践を交え確認しました。

最後にまとめとして、個々の目標を設定しました。
仕事でのホスピタリティの部分において、強みと補いたい部分を自己確認した上で、これからの目標を設定しました。そしてこの目標を念頭に、日々の仕事に取り組むという決意をし、研修を終えました。

今回の研修で、医療・福祉の仕事に従事する者として、患者さまに満足していただくというのは重要なことであると再確認ができました。また、それを実践するには個々の努力と、職員が力を合わせて患者さまに向き合って行くことが大切であり、これからの重要な課題となりました。そしてホスピタリティの充実を秦野病院の強みとできるよう、日々努力をしようとあらためて決意ができた、有意義な研修となりました。

お問い合わせ電話番号 0463-95-6555
(C) Copyright 2009 秦野病院 All rights reserved.

神奈川県 秦野市 精神科 なら秦野病院。認知症 うつ もの忘れ デイケア 訪問看護などご相談ください。