お問い合わせ 0463-75-0032

秦野病院

〒259-1303
神奈川県秦野市三屋131
TEL:0463-75-0032
FAX:0463-75-0034
GoogleMap

秦野病院ケアセンター

〒259-1303
神奈川県秦野市三屋124
GoogleMap

はたの渋沢クリニック
相談支援事業所こころの笑顔

〒259-1321 神奈川県秦野市曲松1-4-39 やまゆりビル3・4階
0463(87)5560
GoogleMap

秦和会理事長より

秦野病院 皆様に支えられて半世紀

日頃から、医療法人社団秦和会、秦野病院の運営にご理解、ご協力をいただき誠にありがとうございます。

私が昭和41年2月にこの秦野の地に「秦野病院」を立ちあげてから50年、今日でも、多くの患者様、ご家族、関係の皆様にご利用いただいており、深く感謝申し上げます。
その間、精神科医療も大きく変わると共に、病院を取り巻く環境も大きな変化をしてまいりました。創立当時の半世紀前とは隔世の感がありますが、少しだけ当時の様子を振り返ってみたいと思います。

秦野に病院を開いた当初は、資金面では苦労しました。私と妹は目の前のことに必死で、経営面では素人だったので、外の人が経営指南と言って病院に入り込んできたこともありました。50年前は、精神病の人はまず入院させるという潮流だったので、病床はいつも足らず、定員をオーバーしていました。ずっと病院で生活していく人が多かったので、どうしたら病院にいてよかったと思ってもらえるか、常に考えていました。餅つきやお花見などイベントも数多く行いました。私も仲間に入って一緒に楽しんだので、患者さんとは家族みたいな感覚でした。そういう時代だったのだと思います。

秦野病院では、早くから患者さんが社会と関わりを持ち、退院後も地域で生活していけるように、外で作業や仕事をする機会を設けてきました。今では薬も良くなって、かつては入院が必要な患者さんも、在宅や通院での治療で生活できるようになりました。また、社会の人たちの理解も進み、かつては精神病を隠す方が多かったけれども、今では「わたし精神科で治療しているのよ」と平気で言えるようになりました。社会の理解ができてきたからだと思います。今後は入院だけでなく、地域の方々が気軽に精神科に通うようなオープンな環境が整ってくるものと思います。秦野病院も、それに応えていって欲しいと願っています。

医療法人財団 秦和会